内科とは

内科

専門領域(診療科)にこだわらず幅広く内科全般を診療していきます。そのため、原因不明の体調不良で来院された患者様を適切とされる診療科に案内する窓口的な役割も担っています。

初診の場合、まず問診をするなどして患者様の訴えをお聞きするほか、現状みられている症状を注意深く観察していきます。その際に医師が必要と判断すれば、検査を行うなどして診断をつけるようにします。その結果、入院加療、高度医療機器による検査や治療が必要と判断すれば、当クリニックの連携先でもある総合病院や専門の医療機関を紹介いたします。

また内科は、風邪を引いた、お腹が痛い、吐き気や嘔吐がある、下痢が止まらない、胸が締め付けられるように痛い、動悸や息切れがあるなど、原因がはっきりとしている急性の症状に関する、診察・検査・治療が中心となりますので、風邪が疑われる、何か湿疹ができているなど、軽いと思われる症状でも遠慮なくご受診ください。その際に消化器症状や循環器症状がみられる場合は、さらに詳細な検査をしていきます。

そのほか、長い期間の治療を要するとされる慢性疾患も当診療科の対象となります。具体的には、日頃からの不摂生なライフスタイル(不規則で過食な食生活、運動不足、喫煙・多量の飲酒、過剰なストレス など)が引き金となって発症する生活習慣病(高血圧、糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症 など)をはじめ、アレルギー疾患(花粉症、アトピー性皮膚炎、気管支ぜんそく など)、頭痛・便秘・貧血が度々繰り返す、不眠、骨の生活習慣病とも言われる骨粗しょう症や関節リウマチ等に関してもお気軽にご相談ください。

なお長期治療が必要な場合は、糖尿病・代謝内科、アレルギー科、皮膚科など当クリニックにも専門の診療科がありますので、通院しながらの治療も可能です。

地域の皆様の「かかりつけ医」として

当クリニックは、地域にお住まい、お勤めの皆様が些細な体の異変であったとしても気兼ねをすることなく受診できる「かかりつけ医」となるべく、当院長はじめスタッフ一同がふとしたことでも打ち明けられる雰囲気づくり(声かけ など)を大切にしています。このようにコミュニケーションを密にすることで、健康上の不安なども相談できる身近な存在でありたい(プライマリケアの提供)と思っています。お気軽にご来院ください。

こんな症状はご相談ください(例)

  • 発熱
  • 咳、鼻水、喉の痛み
  • 胸やけ
  • 食欲不振
  • 胸痛、圧迫感
  • 頭痛
  • 立ちくらみ
  • 動悸
  • 息切れ
  • むくみ
  • 喉の渇き
  • 尿の異常(出にくい、近い、血が混じるなど)
  • 発疹
  • 疲労感
  • 急な体重の増減 など

内科の主な対象疾患

急性疾患

風邪症候群、インフルエンザ、咽頭炎、扁桃炎、気管支炎、肺炎、胃腸炎(腹痛、下痢、吐き気、嘔吐)、狭心症、不整脈、尿道・膀胱炎、熱中症 など

慢性疾患

生活習慣病(糖尿病、高血圧、脂質異常症、高尿酸血症(痛風) など)、貧血、頭痛、骨粗しょう症、関節リウマチ、不眠症、アレルギー疾患(アトピー、花粉症、気管支ぜんそく) など