循環器内科とは

循環器内科

血液は、心臓から全身に向けて動脈(血管)へと送り出され、静脈(血管)を通って再び心臓に戻っていくわけですが、この循環に関連する器官(心臓、血管 など)を循環器と呼びます。当診療科は、この循環器で起こる症状や疾患について診療していきます。

具体的には、胸が締め付けられるような強い痛みがある、動悸や息苦しさを訴えている、血圧が高い、呼吸困難といった症状については、循環器に関連する疾患の可能性が考えられます。対象となる疾患につきましては、高血圧症、不整脈、狭心症、心筋梗塞、心臓弁膜症、動脈硬化、動脈瘤など心臓や血管に関連する病気になりますが、これらを内科的に治療(薬物療法 など)していきます。手術療法による外科的治療が必要と医師が判断すれば、当クリニックと連携している高度医療機関を紹介します。

なお診察時に何らかの循環器疾患が疑われる場合、心電図、ホルダー心電図(24時間心電図を記録することで、不整脈や狭心症の有無などを調べる検査)、心臓超音波検査(心エコー)、動脈硬化の検査(全身の血管年齢や足の動脈の詰まりの程度を確認する)などの検査をしていくことで診断をつけていきます。

循環器疾患でよく見受けられる症状(例)

  • 血圧が高い
  • 胸痛を強く感じる
  • 胸に締めつけられるような違和感を覚える
  • 歩行・運動時に胸が苦しくなり、休むと楽になる
  • 動悸がする(鼓動が速くなる、強い鼓動を感じる)
  • 脈が乱れる、飛ぶ
  • 息苦しくなる(特に横になったとき)
  • 以前よりも運動時の息切れがひどくなった
  • 失神した(意識を失った)
  • 心電図や胸部X線検査で異常を指摘された など

循環器内科で扱う代表的な疾患

・高血圧症 ・不整脈 ・動脈硬化 ・脂質異常症(高脂血症) ・狭心症、心筋梗塞 ・心不全 ・心臓弁膜症 ・閉塞性動脈硬化症 など

高血圧症

血圧とは、心臓から血液が動脈(血管)へと送られる際に血管壁にかかる圧力のことを言いますが、この圧が基準値よりも高いと判定されると高血圧症と診断されます。

血圧を測定する際は2つの数値を確認する必要があります。それが収縮期血圧(最高血圧:心臓から血液を送り出す際の血圧)と拡張期血圧(最低血圧:心臓が拡張し、血液を送られる状態になった際の血圧)で、外来測定時であれば収縮期血圧が140mmHg以上、拡張期血圧が90 mmHg以上と判定されると高血圧症と診断されます(確定するには、複数回同じ条件下で測定する必要があります)。

なお高血圧の状態になることで初期から何らかの自覚症状が現れることは少ないものの(人によっては軽度の頭痛や倦怠感がみられることも)、この状態だと常に心臓から負荷をかけた状態で血液を送らねばならず、それによって血管も損傷を受け続けるようになります。それでも自覚症状が出にくいことで放置の状態が続くとやがて動脈硬化を招くようになります。動脈硬化は血管を脆くさせ、さらに進行すれば血流を悪くさせる、あるいは血管を詰まらせるといった状態になると狭心症や心筋梗塞、脳卒中、腎不全などの重篤な合併症を併発することもあります。高血圧と診断されたら、まず血圧を下げて合併症を発症させないことが重要です。

なお、高血圧症の原因は主に2つのタイプがあります。ひとつは本態性高血圧です。これは日本人の全高血圧患者の9割程度占めるとされるタイプで、現時点では原因が特定できないと言われていますが、日頃からの生活の乱れ、遺伝的要因、加齢といったものが相互に関連して起きるのではないかと考えられています。もうひとつが二次性高血圧で、これは腎臓病や内分泌異常(甲状腺機能亢進症 など)、睡眠時無呼吸症候群(SAS)などの疾患、あるいはステロイド薬の長期使用等が原因とされる高血圧症になります。

不整脈

不整脈とは、頻脈(1分間に脈拍が100回以上)、徐脈(1分間に脈拍が60回未満)、不規則に脈が打たれているなど、脈の打ち方が正常でない場合を言います。

その原因については、何らかの心疾患(狭心症、心筋梗塞、心不全)によることもありますし、全身状態の悪化(風邪、甲状腺の異常、脱水 など)、加齢、ストレス、睡眠不足のほか、体質的なことで起こることもあります。このように重症な病気の可能性も考えられるわけですが、人の心臓というのは1日で10万回ほど拍動するのですが、その中では健康な状態であっても不規則な動きをすることもあります。そのため、誰にでも見受けられるものでもあるのです。

よく見られる症状ですが、動悸(ドキドキ)や胸が苦しいという症状は頻脈でよくみられ、そのほか脈が飛ぶ(期外収縮)といったものや、徐脈でみられる息切れ、めまい、気を失うという症状が出ることもあります。

なお不整脈の場合、必ずしも自覚症状現れるということはなく、多くは心配する必要がない一時的なものです。ただ、可能性としては少ないものの心停止につながることもあります。そのため先に挙げたような症状がみられ、不整脈が気になる方は、一度当クリニックをご受診ください。