消化器内科とは

消化器内科

口腔から肛門まで一本の長い管でつながっている全長10mほどの消化管(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸)と、それに関連する肝臓、すい臓、胆嚢で発生した症状や病気について内科的に治療するのが消化器内科です。胃やお腹に異常を感じたら、躊躇することなく、一度ご受診ください。

よく見受けられる症状は、急な腹痛、嘔吐・吐き気、下痢といったものですが、この場合感染性の胃腸炎がよく考えられ内科で診療することもありますが、可能性としては日頃の生活習慣の影響や何らかの消化器疾患の一症状として現れるケースもあります。そのため、上記のような症状や診察時に重大な消化器疾患の可能性があるという場合は、しっかり鑑別を行う必要があることから、X線撮影、腹部超音波(腹部エコー)、上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)、下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)を用いるなどして、症状の原因を探るようにいたします。

このほか、過敏性腸炎、炎症性腸疾患、機能性ディスペプシアなど特異な腸の病気などについてもご相談に応じます。

こんな症状はご相談ください(例)

  • お腹の調子が悪い
  • 胃が痛い
  • 胃もたれがする
  • 吐き気がする
  • 胸やけがする
  • 便秘気味である
  • 便意が突然襲ってくる
  • 下痢を繰り返す
  • 血便が出た
  • 食欲が無い
  • 急に体重が減少した
  • 顔色が悪いと言われる など

消化器内科で扱う主な疾患

・逆流性食道炎 ・食道カンジダ症 ・急性胃炎 ・慢性胃炎 ・胃・十二指腸潰瘍 ・ピロリ菌感染症 ・機能性消化管障害(過敏性腸症候群(IBS)、機能性ディスペプシア など) ・感染性胃腸炎 ・急性腸炎(虫垂炎、憩室炎、虚血性腸炎など) ・便秘症 ・下痢症 ・炎症性腸疾患(クローン病、潰瘍性大腸炎) ・脂肪肝 ・急性肝炎 ・慢性肝炎 ・肝硬変 ・胆石 ・胆嚢炎 ・胆嚢ポリープ ・急性膵炎 ・慢性膵炎 ・食道がん ・胃がん ・大腸がん ・肝がん ・胆嚢がん ・膵がん など